「三相200V」タグアーカイブ

厨房機器の電気事情 その3~100V冷蔵庫vs動力冷蔵庫!電気料金を比較~

2019年10月26日

こんにちは!業務用厨房機器中古販売・買取のリサイクルヒットです。

前回の「厨房機器の電気事情 その2」では、三相200V(動力)について詳しくご説明しましたね。
でも動力は基本料金が高かったり、別途工事が必要だったりで、
本当にメリットがあるのか疑問に思った方もいらっしゃるかと思います。

今回は実際に100Vと動力の冷蔵庫の電気料金を計算してみましょう!

【100V冷蔵庫vs動力冷蔵庫!】

実際に存在する
幅1200×奥行800×高さ1950のセンターフリータイプの冷蔵庫を使って
電気代を比べてみます。

この冷蔵庫の基本仕様は単相100Vですが、オプションで三相200V(動力)に変更することができます。
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ

 

電源が単相100vの時の型番は 「ARD-120RM-F」 、冷却時消費電力は250wです。
電源が三相200Vの時の型番は「ARD-120RMD-F」、冷却時消費電力は240wです。

冷蔵庫は24時間稼働させる必要があるので、電気代は重要な問題ですよね。
実は、計算するとこのような結果になるんです!

お客様
お客様
動力の方が1000円以上安い!
そうなんです!以下に詳しい電気代の計算をご紹介します
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ

 

 

【電気代の計算式】
電気代=消費電力×1kWhあたりの電力量単価

【単相100V冷蔵庫の電気代計算】

まずは1か月の消費電力を算出しましょう。
カタログに表記してある消費電力は250wなので…

250w×24(時間)×30(日稼働)=180000wh

1000wh=1kwhなので、whをkwhに直すと→180000÷1000=180kwhになります。
よって1か月の消費電力は、180kwhとなります。

次に電気代の計算です。
1kwhあたりの電力量単価を25.08円(※中部電力の価格参考)とすると…

180kwh×25.08円=4514.4円

これに基本料金280.8円(※契約電流10Aで算出)がプラスされると、

4514.4円+280.8円=4795.2円

というわけで、
こちらの100Vの冷蔵庫の月間の電気代は4795.2円となります。

次に、三相200Vの冷蔵庫、 ARD-120RMD-F の電気代を算出しましょう!

【三相200V(動力)冷蔵庫の電気代計算】

まずは1か月の消費電力を算出しましょう!
カタログに表記してある消費電力は240wなので…

240w×24(時間)×30(日稼働)=172800wh

1000wh=1kwhなので、whをkwhに直すと…172800÷1000=172.8kwhになります。
よって1か月の消費電力は、172.8kwhです。

動力の1kwhあたりの電力量単価を15.21円(中部電力の価格)とすると…

172.8kwh×15.21円=2628.288円

これに基本料金1,123.20円がプラスされると、

2628.288円+1123.2円=3751.488円

動力の冷蔵庫の月間の電気代は約3751円となります。

差額は1000円なので月で見ると微々たるものかもしれませんが、1年で12000円、5年で約60000円お得になるんですよ。
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ

 

 

とはいえ、

・三相200V引き込み工事には15万円程お金がかかる
・三相200Vは基本料金が高いので、使う頻度が少ない場合は単相100Vの方が安くなる場合がある

ので、今後付き合っていく厨房機器の消費電力を確認し、十分検討することが必要です。
また、もし居抜き店舗で新しくお店をやる場合は、その店舗が現在どんな電気契約なのかを確認しましょう!

新しくお店を始める際は、以下の電力をチェックするのがおすすめです。

①必要な厨房機器の消費電力
②ダクト・換気扇・厨房内空調の消費電力
③客席・外観の消費電力…エアコン、照明、看板など

水道光熱費はOPEN後固定費となってくるので、抑えられるところは事前に抑えていきたいですね!

厨房機器の電気事情 その2~三相200Vの特徴3つ~

2019年8月22日

こんにちは!業務用厨房機器中古販売・買取のリサイクルヒットです。

前回の「厨房機器の電気事情 その1」では、代表的な電気の種類をご紹介しました。
今回は三相200V(動力)に焦点を当て、その特徴を詳しくご説明しようと思います!
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ
お客様
お客様
家庭ではめったに見られない「動力」。メリット・デメリットなど色々教えてください!

三相200Vのコンセント。

①動力は別途電気契約・工事が必要!

まず、動力を使うには電力会社さんへ使用機器を申告し、別途電気の契約をしなければなりません。
また、居抜の場合、以前のお店が三相200Vを使っていたならばその線を再利用すればよいのですが、
もし使っていなかったら、新しく引き込みの工事が必要になります。

工事内容は、電力量計の交換、200v用ブレーカーの設置、機器への配線手配など…。
大体ですが、費用は10万以上と言われています。

②動力の基本料金は単相100Vに比べ約4倍!?

動力の契約をした際、基本料金は単相100Vのものと比べ大体4倍程高くなります。
中部電力の基本料金を参考にしてみましょう。

~基本料金~
単相100V…約280円(※契約電流10Aの場合)
三相200V…約1123円

電力会社や契約内容によって料金体系は異なりますが、
単相100Vと三相200Vの基本料金の差は大きいです。

お客様
お客様
ここまで聞いていると動力にあまりメリットを感じないですね…ひょっとしたら動力って、なるべく使わない方がいいんじゃないですか?
確かにこれだけ見ていると動力にはいいところなしのように見えてしまいますよね。
でも実は、長く使っていると動力の方がお値打ちになる大きなメリットがあるんです!
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ

③三相200Vの電力量料金は単相100Vよりも断然安い!

動力は基本料金こそ高いですが、使った量に対しての電気代はとても安価です。
基本料金に引き続き、中部電力の電力量料金を見てみましょう。

~電力量料金~
単相100V…1kwhにつき約25円
三相200V…1kWhにつき約15円

なので、長い間多くの電力を使っていくとなると、動力の方がお得になる場合があります。

特に厨房機器は、冷蔵庫等常時稼働しなければならない機器が多くありますよね。
そんな機器が多い場合は、たとえ工事が必要でも、基本料金が高くても、長い目で見ると動力の方がお得!ということになりやすいのです。

また、動力は単相100Vよりも電動機への負荷が少ないため、消費電力が少ないという特徴があります。
パワフルな機械を単相100Vで動かすとなると、消費電力がかさみ、予想以上に電気代がかかることもあるのです。

お客様
お客様
とはいえ結構基本料金に差がありますし、工事も必要かもしれないんですよね?
実際のところ本当に単相100Vよりお得になるのか疑問です。
では次回は、実際の厨房機器を例に挙げて
電気代の計算をして実証してみましょう!
リサイクルヒットスタッフ
リサイクルヒットスタッフ

次回更新の「厨房機器の電気事情 その3」では、単相100Vと三相200Vの冷蔵庫の電気代を計算して、比べてみます!
お楽しみに!